スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
睡眠で十分休養取れず 2割超
NHKニュース

1月11日 19時11分
睡眠で十分に休養が取れていないという人の割合が20%を超え、眠るために薬や酒を飲む人が増えていることも、厚生労働省の調査でわかりました。

厚生労働省は、毎年、無作為に選んだ1万8000人を対象に健康状態を調べ、先月まとまった調査では「睡眠」を重点項目にしました。睡眠で十分に休養が取れているか尋ねたところ、「まったく取れていない」「あまり取れていない」と答えた人の割合は、男性で22%、女性で24%に上りました。年代別に見ますと、働き盛りの20代から40代では男女とも30%前後を占めています。また、眠るために睡眠薬や精神安定剤などの薬や酒を飲むことがあるという人の割合は、男性で22%、女性で17%で、同じ質問をした前回・平成15年の調査より、それぞれ2%程度高くなっています。寝る前に常に薬や酒を飲んでいるという人も男性では11%に上り、若い世代ではアルコールに、中高年では睡眠薬に、それぞれ依存する傾向が強くなっています。睡眠に詳しい東京医科大学の井上雄一教授は「社会が24時間化するなかで、夜遅くまで仕事をしたり、寝る時間が不規則になったりして、薬や酒を飲む人が増えている。こうした睡眠は十分に疲れが取れず、依存症にもなりやすいので、自分なりのリラックス方法を見つけて健全な睡眠を心がけることが大切だ」と話しています。
【2009/01/13 00:24】
椒日常 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<空難大奇迹 155人保命 | ホーム | 安達祐実、井戸田潤が離婚>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greenpeppercat.blog11.fc2.com/tb.php/855-470d4937
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。